【終了報告】ScratchDojo緑 010

日時:2018年02月11日10:30~12:00

場所:名古屋市緑区徳重地区会館第1集会室

今日の一枚

今日の忍者、年長のHくん、iPadでマイクラや知育ゲームで遊んでいるとか・・・

概況

今日はScratchDojo緑の10回目の開催、と言っても忍者は2度目、3組目の参加。安城から、はじめての参加で僕がおじいさんでびっくりしませんでしたかと聞いたら、今までにも、報告でよく知ってますとのこと、、、一部の人には有名人になったかな(^^)

ここ、緑のDojoではタブレット、特にiPadのアプリに絞っていくかなと思っている。ビスケット、ピョンキーだけでなく、Tickle、Tynkerなど孫の好きないろんなアプリが入っている。Scratch3.0などもタブレットで使えそうだし、Legoなどのロボットの言語などもつかえる。今後、子どものプログラミングとして、主流になるかと思っているが・・・

今回忍者のHくんもマインクラフトをやってるといい、掛け算の知育アプリをやっているとか。知育アプリは結構高いが、まだ、小さいから有料になる手前で止めているとか。

本題に入って、まず、ピョンキーでScratch機能の説明をする。ピョンキーうさぎを動かして、上下のひっくり返りを直す。回転まではいかずに、背景を説明して、絵が好きだとのことでなにか描いてみたらと言ったら、大きな火炎を描いた。うさぎを火炎の真ん中から動かして、逃げている図だとか。

今度はスプライトで、棒人間を描いて動かした。簡単なパラパラアニメをつくって、音楽を入れたり、ペン機能でうさぎの軌跡を描いたりした。乱数で音を変えたり、あれこれとやった。

最後にピョンキーの例を見てもらって、この中に色々あるから、家でやるのならやって下さいということで今日は終了。お母さんが積極的でHくんはちょっと疲れた模様。

ここは1時間半としたが、密着もあってじっくりとあれこれ説明できた。遠方からということで、作品作りよりもピョンキーの説明を主にした。

謝辞

メンターは僕ひとりだったが、参加のWさんには感謝ですかね。若い人でコンピュータ関係も強いのかな、話がスイスイと続いて楽しかった。その分、Hくんはつかれたかな。

参加費

1,000円頂いた。ちょうど、部屋代を払うことが出来た。

次回

次回は3月11日(日)10:30~12:00です。また、お待ちしています。

以上 記録:松成 文夫

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です